病院へ職場復帰したくてもできない潜在ナースが増えていく原因はこれだ!

看護師の資格は取ってもいざ職を探したい、転職したいと思うと情報不足でつい躊躇してしまいませんか?
あなたが目指す看護師としての働き方はどんなでしょう。
看護師は、とにかく仕事が昼夜問わず忙しいけど給料は高い、資格職だから需要も高くて一生職には困らないということを思っていましたが、働く場所や人によって感じ方は様々なようです。
しかし人の命を扱う職業なので、楽チンとはいかないと思いますが。。。
このサイトで紹介するのは、看護師になってこんなことを経験している人たちです。
・看護師で子育てと仕事の両立をする人
・夜勤や準夜勤がたくさんある看護師
・給料に不満がある看護師
・学習が常にある看護師
などなど。。。
勤め先を決める前に読むこと必須のサイトがコチラです♪
女性35歳
救急外来3年、消化器内科3年、透析7年、療養型病棟6ヶ月
子供2人いる看護師です。

今働く病院

50床ある療養病棟で働いています。

病院でパートを

基本的に2交替制ですが、私は午前中だけのパート勤務です。

パートの勤務時間

パートタイマーなので、12時になるとすぐに帰ります。

家族を犠牲に出勤

8時過ぎに出勤しないといけない雰囲気があり、遅れてしまうと12時までに仕事が終わりません。

看護師と子育ての両立

常勤は記録や処置で多少残業もしているようですが、私のようなパートタイマーで扶養の範囲内で働くナースにはとても働きやすい職場です。
朝が早いのが少し億劫ですが、療養型ですので、ゆったりとした時間の中で患者さんとのふれあいを持てるのはいい所だと思います。
以前勤務していた救急外来では、スタッフが少なかった事もあり日勤後も残業し、気がつけば次の出勤の深夜勤務まで1〜2時間しかなく、家に帰る元気もなくなって詰所の隅で座ったまま仮眠を取ることもありました。
結婚して子供が出き、夜勤も残業もない透析室に移りましたが、透析はお盆もお正月も祝日も関係ないので日曜日しか休みがなく、大晦日も仕事で元旦から出勤なんて事もありました。
ですが、それさえ家族から理解や協力が得られればママさんナースにはとても働きやすい職場だと思います。
常勤で働くとなると、子育てと仕事の両立はなかなか難しく、配偶者や家族の協力が不可欠になりますが、患者さんには看護師の定時は関係ないので、定時になっても患者さんに必要であれば患者さんの側に付き添い看護をしなければならないため、定時で帰れる所なんてなかなかありません。
そのため、家族が我慢したり犠牲になることも避けられないのが現実です。
これが原因で、資格を持っていても現場に戻れない潜在ナースは沢山いるので、少しでも業務が改善され潜在ナースが臨床に復帰できるようになればいいと思います。